あおぞらって!?運営方針・保育理念

運営方針・運営理念

学童は多くの方々に支えられています

●あおぞら学童保育クラブ運営理念

「今を生き、次代を拓く力をつくる  〜のびのび育て!生きる力〜」

●あおぞら学童保育クラブ基本方針(平成27年度)

方針1 : 安心安全で楽しい学童保育

毎日の生活の場であるあおぞら学童を指導員と子どもたちが安全で安心して生活できる  場所であるために、そして笑って楽しくすごせる為に設備や環境を備えていきます。  あらかじめ事故やケガの防止にむけた対策や事故やケガが発生した場合速やかに適切な  処置を行えるように進めていきます。  「学童楽しい!」と子どもたちの笑顔が絶えない大切な場所にみなさんで楽しい学童を  造っていきます。

方針2 : 地域とつながる学童保育

あおぞら学童保育クラブは地域の方々なくしてはあおぞら学童は運営できません。  私たちは地域の中で生活しています。子どもたちも地域の中で育っていきます。地域  の中で子どもを育てるためにあおぞら学童の存在を理解して頂くために地域、学校と  の連携を積極的に図っていきたいと思います。

方針3 : 指導員と父母が協力できる学童保育

子どもたちの笑顔のために私たち父母は子育てを指導員と共有し子どもの成長を確認  することが大切です。そのためには父母は運営者として指導員の仕事を理解し指導員  を支えることに積極的であってほしいと思います。第2の家庭としていつでも安心し て来られる場所であるために父母同士で支えあいましょう。  指導員と父母が力をあわせて笑って楽しいあおぞら学童にしていきましょう。

まとめ

「あおぞら学童」では、健全な育成が出来る保育に重点を置いています。 学童保育施設は、学校・トワイライト等では体験できない、集団生活と縦割り社会が経験できる施設です。 豊かで質のよい学童にするため、子どもたちそれぞれの個性向上と自立促進を図る学童施設を運営しています。

ページのトップへ戻る