入所児童 募集中! 見学は随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ご挨拶

ご挨拶

 こんにちは、私たちは1982年9月に発足し、地域、関係者の皆様に支えられ運営してきて参りました名古屋市緑区の「あおぞら学童保育クラブ」です。子ども達を中心に、保護者と指導員が一丸となって、共に育てていくことを軸に運営しております。
また地域の皆様に必要とされる施設として、支えてくださっている地域に貢献できる学童運営を目指しております。

 2020年7月に私たちは、プレハブ施設が多い名古屋市の学童の中では珍しい木造施設移転という1つの大きな夢を叶えました。これは私たちと共に子ども達の成長を見守ってくださっております学童関係者や地域の皆様のご支援、ご協力の賜物でございます。
これからもより一層、皆様に愛され必要とされるような学童となるように、精一杯精進していく所存です。

これからも温かいご支援の程、宜しくお願い致します。

2021年度 保護者会会長

あおぞら学童保育クラブ 運営理念・運営方針

運営理念

 「今を生き、次代を拓く力をつくる  ~のびのび育て!生きる力~」

運営方針(2021年度)

方針1 : 第3学童の設立

 第3学童の設立は、近年の徳重地域開拓を背景とした共働き世帯の増加に対して、支援枠を増やし、放課後に支援が必要な家庭に今後も待機児童を出さないため、助成金の増額により財政面での学童運営をより安定させることが目的です。運営の基盤である財政面が安定した上で、木造施設の環境整備や指導員の待遇改善といった課題の解決に取り組んでいきます。何よりも、様々な人の支援の基に成り立ったこの素晴らしい木造施設を将来へ繋いでいくことが大切です。

方針2 : 地域とつながる学童

 2020年度は引っ越し・外構作業・新しい施設の使い方など、木造移転に伴い近隣住民の方々には多大なる迷惑をお掛けしました。児童・保護者・指導員の全員が、地主様や近隣住民への感謝と、迷惑行為防止の徹底を改めて認識し、その行動をもって新しいあおぞら学童が地域社会への順応できるよう努めていきます。
 また近隣学童と連携し、地域の憩いの場、OBの集える環境、若い世代の挑戦できる場を提供し、地域の住民にとってあおぞら学童がより身近な存在になるように積極的に活動します。地域の方々向けの見学会の企画など、地域の理解を得る活動を推進します。コロナウイルス感染が終息に向かい普段の生活を取り戻した際には、カフェ、朝粥、座禅、マインドフルネスなどの新しい試みや、継続した地域清掃活動を通して地域との関わりを大切にしていきます。

方針3:木育と他職種連携

  “木で繋ぐ人、地球、モノ”を合言葉に木を活用した様々な試みを企画し(木を使った什器・遊具、アクセサリーやキーホルダー、DIY、ビリヤード、流しそうめん、餅つき、蒸し器など)、木との関わりから学ぶ新しい保育を展開します。都市の木質化プロジェクトやmokkoとの連携をより積極的に行い、サスティナブルな世界の推進に学童という団体が寄与できることを示し、そのモデルケースとして全国的に発信していきます。
 また、発達障害や子供の法教育など、様々な分野のエキスパートと連携し専門的なアドバイスやサポート受けることで、指導員のスキルアップ及び質の高い学童保育を提供します。

名古屋市緑区 あおぞら学童保育クラブ
タイトルとURLをコピーしました