入所児童 募集中! 見学は随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

ご挨拶

ご挨拶

 こんにちは、私たちは1982年9月に発足し、地域、関係者の皆様に支えられ運営してきて参りました名古屋市緑区の「あおぞら学童保育クラブ」です。子ども達を中心に、保護者と指導員が一丸となって、共に育てていくことを軸に運営しております。
また地域の皆様に必要とされる施設として、支えてくださっている地域に貢献できる学童運営を目指しております。

 2020年7月に私たちは、プレハブ施設が多い名古屋市の学童の中では珍しい木造施設移転という1つの大きな夢を叶えました。これは私たちと共に子ども達の成長を見守ってくださっております学童関係者や地域の皆様のご支援、ご協力の賜物でございます。
これからもより一層、皆様に愛され必要とされるような学童となるように、精一杯精進していく所存です。

これからも温かいご支援の程、宜しくお願い致します。

2020年度 保護者会会長

あおぞら学童保育クラブ 運営理念・運営方針

運営理念

 「今を生き、次代を拓く力をつくる  ~のびのび育て!生きる力~」

運営方針(2020年度)

方針1 : あおぞら学童保育クラブ木造施設移転

 私たちは木造施設へ移転するために昨年度より全力で取り組んでいます。この木造移転はあおぞら学童だけでなく名古屋市全体の学童環境改善に繋がっていくと信じています。指導員と保護者を中心に地域の方々、卒所者の方々、支援者の方々のご協力を受けながら、子ども達にとって第2の家である学童を、笑顔の絶えないかけがえのない場所にするために、必ず木造施設移転をみんなで成功させましょう。

方針2 : 指導員と子ども達の生活の場である学童の良い環境作り

 今年度は、新入所生の生活環境が完全に整わない中でのスタートとなりました。そして7月からは、新しい学童での生活が始まり、学童生活が安定するまで子ども達へのサポートが多く必要となりますので、保護者と指導員が一丸となって、生活環境の基盤作り、必要な設備の準備と運営方法を速やかに決めていく必要があります。子ども達が安全に、健やかに過ごせるように、また指導員が働きやすい環境にしていくために、学童全体で良い環境作りに取り組んでいきます。

方針3:子どもを真ん中に、指導員と保護者みんなで保育に取り組むあおぞら学童

 子ども達が日々安心して健やかに成長するためには、保護者が指導員を理解、信頼し、指導員も学童運営主体である保護者を頼りにする関係作りが大切です。お互いの思いを共有、理解し、それを子ども達へ繋げていくためには、情報交換を活発に行い、コミュニケーションを取ることが必要です。子ども達を真ん中に保護者と指導員が子ども達の成長を共に考えて新しい事にチャレンジしていく、そのような学童を目指していきます。

方針4:地域、卒所生保護者、他学童との繋がりを大切にするあおぞら学童

学童の移転を通して私たちは地域の方々、卒所生やその保護者、他学童関係者から強く支えられていることを再認識できました。これも今までのあおぞら学童が地域の関わり合いを大切にし、学童に関わった方々が卒所しても感謝の気持ちをもって頂けるような学童だったからこそだと思っています。今まで以上に地域と他学童との繋がりや行事を大切にしていきます。

名古屋市緑区 あおぞら学童保育クラブ
タイトルとURLをコピーしました